GOOD DESIGN EXHIBITION 2016 –そなえるデザインプロジェクト展–

GOOD DESIGN EXHIBITION 2016 –SONAERU DESIGN PROJECT EXHIBITION–

株式会社アクシスとデザインコラボレーション。
グッドデザイン賞受賞作品の中から防災に関する
ケーススタディをピックアップした展覧会。
「そなえるデザイン」のコンセプトを明確に伝える為、
救援物資をそなえているような空間を考えました。
同じ大きさのダンボールを用いることで、大小様々な
プロダクトが多数並んでも、整然とした美しさを生み出します。
また、キャプションは光沢のあるクラフト紙を用いて
ガムテープのような質感に仕上げました。

プロジェクトのアイコンとしても採用されたダンボールは、
72時間生き延びる為に必要なアイテムを詰められるよう算出したサイズです。
被災地への募金に協力して下さった来場者に配布され、
会期後にはプロダクトの返却にも利用されました。

また、建築家 坂茂氏が主宰するボランタリー・アーキテクツ・ネットワークの
「避難所用・紙の間仕切りシステム」の現品が展示されたエリアにも、
ワークショップや休憩用にダンボール製のテーブルとベンチを設けることで、
紙管と色味や質感が揃い、二つの展示エリアに強い連動感が生まれました。

2016年10月
クライアント:公益財団法人日本デザイン振興会
デザインコラボレーション : 株式会社アクシス
会期 : 2016年10月28日〜11月3日
会場 : 渋谷ヒカリエ 8/COURT、CUBE 1,2,3
写真:山内紀人

そなえるデザイン

Design collaboration with AXIS Inc.
Exhibition that features Good Design award-winning
case studies on the theme of disaster prevention.
To accurately convey the concept of “SONAERU DESIGN”,
a well-equipped space with relief aids was created.
Even though products of various size and shape were lined up,
the uniformly sized cardboards made the space look tidy and beautiful.
In addition, shiny craft paper made captions for each product look like packing tape.

Cardboard, which was this project icon, was designed as an exact size for
fitting in necessary items for a person to survive for 72 hours.
The cardboards were handed to those who donated for devastated areas at the exhibition.
In addition, they were also used to ship the products back to creators after the exhibition.

Moreover, tables and benches made of cardboards were exhibited at the space for
“PAPER PARTITION SYSTEM” created by Voluntary Architect’s Network which is
led by architect Shigeru Ban.
The harmony between paper core and cardboard’s color and texture created
a strong sense of coherence for two exhibition spaces.

Client : Japan Institute of Design Promotion
Design Collaboration: AXIS Inc.
Date : October 28 - November 3
Place : Shibuya Hikarie 8/COURT, CUBE 1,2,3
Photographs : Norihito Yamauchi

SONAERU DESIGN