ICOM 2019 Kyoto – Museum Fair and Expo Forum –

ICOM 2019 Kyoto - Museum Fair and Expo Forum -

株式会社アクシスとデザインコラボレーション。
2020年にオープンするアーティゾン美術館の魅力を伝える国際博物館会議での展示ブースデザイン。
複数の什器を点在させることで多方向からのアクセスを可能にしたプランです。
壁で囲うことなくブースの誘目性を高める為に、質感の良いマットなPタイルで全体を構成しています。
新築した美術館を想起させるべく、Pタイルの目地は、ファサードのグリッドパターンを踏襲した
ものになっています。全ての什器は、目地を活かした目立たない扉がついた収納になっており、
ブース全体を展示空間として活用出来るようになっています。また、モニターを収めた壁的な要素から、
商談の為のテーブル的な要素まで、同一の素材でまとめ上げることで、
美術館の整理された美しさを伝える空間となっています。

会期:2019年9月2日~9月4日
会場:国立京都国際会館
クライアント:公益財団法人石橋財団
デザインコラボレーション:株式会社アクシス
インテリアデザイン:皆川雄一・田中秀一 (アクシス) 小栗誠詞 (イド)
施工:鈴木祐之・奥村悠輔 (アコーストコーポレーション)
写真:田中秀一 (アクシス)

Design Collaboration with AXIS Inc.
Exhibition booth design at the Museum Fair and Expo Forum,
which conveys the appeal of the Artison Museum that will open in 2020.
It is a plan that allows access from multiple directions by scattering multiple furniture.
In order to enhance the booth's attractiveness without enclosing it with walls,
the whole is composed of high quality matte P tiles. To remind visitors of the
newly built museum, the joints of the P tiles follow the facade grid pattern.
All fixtures have storage with inconspicuous doors that make use of joints,
so that the entire booth can be used as an exhibition space.
In addition, it is a space that conveys the organized beauty of the museum
by combining the same materials, from wall-like elements that monitors to
table-like elements for business talks.

DATE:Sep.2 - 4, 2019
PLACE:Kyoto International Conference Center
CLIENT:ISHIBASHI FOUNDATION
DESIGN COLLABORATION:AXIS Inc.
INTERIOR DESIGN:Yuichi Minagawa・Shuichi Tanaka (AXIS Inc.) Seiji Oguri (id inc.)
CONSTRUCTION:Hiroyuki Suzuki・Yusuke Okumuta (accost corporation.)
PHOTOGRAPHS:Shuichi Tanaka (AXIS Inc.)